読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原因のわからないその頭痛、もしかして群発頭痛かも

あなたを悩ませているその激しい頭痛の正体は、群発頭痛かもしれません。 群発頭痛は今現在、原因が分かっていない頭痛なので、このブログでは、 群発頭痛の対処の仕方をメインに特徴や症状などについていろいろ書いていきます。

群発頭痛は期間を見れば、だいたいの流れがわかる!!

群発頭痛の症状

 

群発頭痛はとてもレアな頭痛ではありますが、
ある意味では規則正しい頭痛かもしれません。

 

 Q&A形式で、
 群発頭痛に関する期間について書いていきます。


 Q
  群発頭痛は、今回の群発期が終わってから
  次の群発期に入るまでに、どのくらいの日数があるのか?

 A
  人それぞれではありますが、短い人で半年~1年に1回
  長い人だと5年に1回程度、多くは2~3年に1回程度で、
  年齢の若い人ほど周期が短く、年を増すほど長くなる
  という傾向があるそうです。



 Q
  始まってしまった群発期は何日くらい続くのか?

 A
  頭痛症状が出始めてから、完全に症状が出なくなるまでに、
  だいたい1ヶ月半~2ヶ月が1番多いのではないかと思います。


 
 Q
  頭痛症状は毎日あるのか?

 A
  頭痛が始まってから3週間~1ヶ月程度は毎日出ますし、
  一日に何度も発作はやってきます。

  それからは徐々に痛みの強さも、回数も減っていき
  最後は発作が出なくなって、今回の群発期が終了となります。



 Q
  一旦出てしまった激しい頭痛はどのくらい時間で治まるのか?

 A
  これもまた、人それぞれで発作時間が違っています。

  短い人だと30分くらいから、
  長い人だと2~3時間くらいまで、まちまちです。

  発作時間によって使用する鎮痛薬も変わってきます。

  群発期の周期や発作時間は選べませんが、
  毎回同じくらいの周期、同じくらいの発作時間なので、
  管理だけはしやすいかもしれません。
 



f:id:itukinao:20170219005621j:plain




一時的にでも群発頭痛を来なくする、早める、遅らせるなどの
コントロールできませんか?

 

 群発頭痛は、どうして起こるのか原因が断定できていない。

 
 だから、治療法はない!!


 でも、まだ未確定だが痛みが出る理由はわかっているので、
 対処療法はあります。


 予防薬を使って発作を出にくくしたり、
 酸素療法や鎮痛薬で発作時間を短くすることは可能です。

 
 しかし、


 治療法は確立されていないので、
 群発期を自分の都合で早めに終わらせたり、止めたり、
 出ないようにするなど、群発頭痛のコントロールはできない。
 

 

次の群発期までの間隔って狂うことってあるの?

 

 

 今までは2年に1回の間隔で群発期が来ていたのに、
 今回は、前回の群発期が終わってから半年しか時間がたっていない。


 という話を聞いたことがあります。


 前回の群発期がいつもより短かったとか、軽かったりすると、
 短期間で再度群発期がくるようなこともあります。


 詳しい原因がわからないので、ちゃんと頭痛症状が出きらないと
 またすぐ群発期が来るのかもって思ってました。


 ・毎年来ていた群発期が1年おきになった

 ・5年~10年群発頭痛が出てないから終わった思ってたら
  いきなり群発期が来てショックだった


 などなど、間隔の狂いを多くの方が体験しています。